【2019年最新・国内最速】WordPressにおすすめのレンタルサーバーはConoHa WING!!

【2019年最新・国内最速】WordPressにおすすめのレンタルサーバーはConoHa WING!!

この記事を見ているあなたは「WordPressサイトを構築してブログを書きたい」「自社HPをWordPressで構築したい」だけどレンタルサーバーが多すぎてどれを選んだらいいのかわからない。

何十種類もあるレンタルサーバーを調べるほど暇じゃない!あなたは今そんな状況ではないでしょうか。

そんなあなたのために、レンタルサーバーについて長々と解説するのは後にして、結論からお話していきます。時間をかけていろんなサーバーを見て決めたい方は他のサイト様をご覧になられることをお勧めします。

ConoHa WING 【2019年最強の国内最速レンタルサーバー】

WordPressを構築する際に私が最もお勧めするレンタルサーバーは、【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WINGです。

  • 初期費用:無料
  • 最低利用期間:なし
  • 料金:2円/時 (1か月最大1,200円)

で、利用できます。多分ですが、他のサイト様もほとんど書いている内容は同じでして、「ConoHa WING」「エックスサーバー」「ロリポップ」あたりがおススメされていると思いますし、ランキングサイトではこの3つがほとんど上位です。

なので「サーバーは早く決めてしまいたい」という方はConoHa WINGを使ってみてください。初期費用がエックスサーバーは3,000円、ロリポップは1,500円、ConoHa WINGは無料です。そして、もし気に入らなかったら1時間でも解約できます。

1日で解約した場合でも2円×24時間=48円しかかかりません。1か月使い続けると仮に31日間ある月として、本来なら1日48円×31日間=1,488円ですが1,200円がプラン上限となっています。

なので悩む前に一度使ってみることを私は強く推奨します。そして多分そのまま使い続けてくれるようになると思います。それくらい自信をもっておススメできます。

【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

Conoha WINGをもっと詳しく知りたい

WEBデザインの仕事を通して何十社ものサーバーを利用してきましたが、現在は私自身が個人で使うサーバーもクライアント様のサイトを構築する際にお勧めするサーバーもConoHa WING一択です。
主なスペックは以下です。

プラン:ベーシック
SSD:200GB
転送量目安:2.5TB/月
ドメイン:無制限
データベース:60個

Conoha WINGのページ表示速度は国内最速。体感できるほど

2018年にレンタルサーバーサービスを開始した「ConoHa WING」ですが、今のところ大きな障害なども聞いていません。非常に安定しています。

そして「国内最速」と書いてある通り本当に速いです。爆速です。なぜ早いほうがいいのか?と言いますと、リンクをクリックして画面遷移する際の速度が速いことでユーザーの待ち時間が減ります。ということはユーザーはスムーズにサイトを閲覧できます。結果的にユーザーファーストなサイトになり、検索順位向上につながりやすいです。

逆に、せっかくサイトを訪れたくれたのにページの読み込みが遅いと、そもそもサイトを見ることなく閉じられる可能性があります。非常にもったいないです。

ConoHa WINGは、サイトの表示速度はもちろんのこと、WordPressの管理画面の動作ですら違いを感じられます。

これは個人的にすごく重要でした。WordPressのカスタマイズを行うとき、記事を書くときなど、画面遷移するたびに読み込みが遅いと集中力がかなり削がれます。今は非常に快適に作業できています。

ConoHa WINGは他社サーバーからの乗り換えも簡単

ConoHa WINGは他社サーバーからの乗り換えもびっくりするほど簡単に行えます。

個人的にこういうサービスはアンチ派で、WEBサーバーとデータベースのバックアップを取り、新しいサーバーにインポートして「wp-config.php」を書き換えて~ というように手動で作業することを好んでいましたが、ConoHa WINGの「WordPress簡単移行」は直感的に使ってみたいと思い、実際に利用しましたが引くほど簡単でした。しかも安全です。

15サイトほどXサーバーからConoHa WINGに移管しましたが一度もトラブルはありませんでした。「今までなんで手作業でやってたんだろう。早く使えばよかった。」と、本気で思いました。

【重要!!】自動バックアップが無料、復元も驚きの無料

これは私がConoha WINGを激推ししている理由です。Webサイト、メール、データベースのデータを1日1回自動でバックアップしてくれて、しかも過去14日分を復旧用データを保存してくれており、万が一の時にはそのデータを利用してサイトやメール、データベースを復元ことができます。しかもこれが無料なんです。エックスサーバーにもロリポップにも同じ機能はあるのですが、料金がなかなか高いです。

エックスサーバー

自動バックアップ自体は無料なのですが、データ提供1回ごとに手数料が必要です。
サーバー領域データのWeb・メールデータ復元は(税抜:10,000円)。MySQLデータベースは特定のデータベース1つ(税抜:5,000円)です。

ロリポップ

自動バックアップ機能が月額300円です。(エンタープライズプランは本機能無料搭載)

Conoha WINGは自動バックアップは無料、そして復元も無料です。

正直、私はかなり感動しました。以前に他社様で管理していただくことになったサイトのサーバーを移管する必要があり、その作業を他社様で行ってもらったのですが、新人さんが誤ってデータを削除してしまったらしく、突然サイトが表示されなくなりました。そもそも私がFTP情報を伝える前にバックアップをとっておくべきでしたが、忙しい時と重なりおろそかになっていました。

エックスサーバーを使っていたので10,000円(税抜)をお支払いして復元しました。私の落ち度だったのでなおさらつらかったです。

でもConoha WINGでもし同じ状況に陥っても無料で復元できます。これなら安心して日々の作業に望めますし、バックアップを取るという作業工数を考えると非常にありがたい機能です。

管理画面も見やすくてオシャレ

これは私の個人的なお気に入りポイントです。

管理画面が窮屈というか、古い感じだとなぜかテンションが上がりません。逆にConoha WINGに初めてログインしたときは感動しました。で、一気に自分個人のサイトを移管しました。

このタイプの管理画面が苦手な人もいると思いますが、Google Search ConsoleやGoogle広告(旧キーワードプランナー)などもこのような管理画面に移行していっていますし、今からこの感じの管理画面に慣れておくのも全然ありと思います。

国内最速レンタルサーバー【Conoha WING】についてまとめ

多分ここまで読んでいる方は逆にConoha WINGを使うのをまだためらっていると思います。(個人的にはここまで読んでいただけたのは非常に嬉しいですが)

あくまで私が実際に利用して感じた感想をもとにConoha WINGについて解説したので、もしまだ迷っているようでしたら他のサーバー比較サイトなどを調べてみてじっくり選んでみると良いと思います。やはり人それぞれ使いやすい使いにくい、向き不向きがありますから。

2019年現在、私がおススメする最強のレンタルサーバーは【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WINGです。

WordPressカテゴリの最新記事